1点投入するだけでいつものスタイリングをアップデート、今欲しいおすすめベスト7選

 1日の寒暖差が大きく、コーディネートに頭を悩ます人も多いのではないでしょうか。そんなときに便利なアイテムが「ベスト」。羽織れば暖かく、いつものスタイリングに一点投入するだけで雰囲気をガラっと変えてもくれます。今回はFASHIONSNAP.STOREの中から、編集部員のおすすめアイテムをピックアップ。今季はアウター感覚で着られるゆったりとたサイジングのアイテムが豊富なので、コートの上に重ねるレイヤードコーデを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 まずはじめにご紹介するのが、「アンスクリア(INSCRIRE)」のレザーとボアのミックスベスト。ミリタリーアイテムの代名詞「B-3ジャケット(米陸軍航空隊の搭乗員たち向けのフライトジャケット)」をベースにしているので、無骨なテイストながらも可愛いく、女性でも着やすくなっています。裏面は全面ファーになっているので保温性も問題なし。質感も見た目も上質なレザーと思わせるシンセティックレザーは、軽さと柔らかさも魅力的です。ルックのように同系色のロンTだったり、差し色としてヴィヴィッドなニットをインナーに合わせるのがおすすめです!


  スタイリストの梶雄太が手掛ける「サンセ サンセ(SANSE SANSE)」からは、パープルの中綿ベストをご紹介。アウトドアウェアで見かける高密度に織られたコットンとナイロンの混紡生地を使用しており、撥水性や耐久性などの機能性に優れています。ゆとりのある身幅やアームホールによってストレス無く着る事ができ、レイヤードスタイルにうってつけ。パーカとの相性が良く、パンツは綺麗めなものを合わせてあげるとバランスの取れたコーディネートになります。


 「シーオール(SEEALL)」のロングベストはパキスタン産の滑らかなスウェードを使用しており、柔らかい質感が魅力的。身体に沿って綺麗なIラインシルエットになるので、スタイルを綺麗に見せてくれます。ハイネックニットを忍ばせて、ボタンを閉じて着ることでワンピースの様な着回しも可能。コートの上から羽織れば、一気にお洒落上級者のような着こなしに。


 まるでダブルブレステッドコートの袖のみを裁断したかのようなデザインのベストは「ミオズモーキー(MIOSMOKEY)」のもの。深みのあるキャラルカラーをベースにパープルとライトブルーのストライプが入ったカラーリングが特徴です。胸元にはスリットポケットがあり、デザインのアクセントに。シンプルな白シャツデニムパンツを合わせる事で上品なトラッドスタイルが完成します。


 「ウジョー(UJOH)」のゆったりシルエットのダブルZIPベスト。アウターの上からも着用できるサイズ感で、レイヤードがしやすくなっています。裏面はフリースを使っており、肉厚で毛足のあるルックスと滑らかな肌触りが特徴で、寒い秋冬でもしっかりと保温してくれるのが嬉しいポイント。秋はスウェットの上から羽織ってラフに着こなしたり、真冬はコートのインナーとして着こなすのがおすすめです。


 「オーユーエーティ(OUAT)」からはラグジュアリーな雰囲気が漂うモヘアベストをピックアップ。デザインの邪魔にならないように配されたシームレスポケットがサイドに付いており、機能性も◎。見た目の印象よりも軽く、ゆったりとしたサイズ感のため、着る人を選ばずレイヤードスタイルを楽しめます。ブラックのパンツコートの上からアクセントカラーのような役目で羽織ることで、モード感を残しながら、ちょっぴりフェミニンっぽさも感じるコーディネートに。


 鮮やかなレッドオレンジのニットベストは「イレニサ(IRENISA)」から。素材は南フランス・アルル地方のメリノウールを使用しており、軽さと保温性が特に優れています。見頃はしっかりとした度詰めの天竺で編まれ、衿ぐりは編みを変化させることでメリハリをプラス。サイドのトグルボタンをすべて外す事でストールのように使うこともできます。オレンジなどの明るい色は品のあるグレーカラーと相性が抜群。コートシャツはグレーでまとめ、インナーにこのニットベストを組み込めば、アクセントカラーが効いたメリハリのあるスタイリングに。