秋冬ファッションに取り入れたい、おすすめライトアウター11選

 ライトアウターが欠かせない季節になってきました。街ではブルゾンやジャケットを着ている人を見かけるように。しかし、まだ何を買おうか決めあぐねている方もいるのではないでしょうか?今回はライトアウターの代表的アイテムであるジャケット、デニムジャケット、ブルゾンに絞り込んでFASHIONSNAP.STOREからおすすめアイテムを厳選しました。個性的なアイテムからベーシックなアイテムまであるので、是非チェックしてみてください!

 「エイトン(ATON)」のウールジャケットは、胸元のポケットをなくし、腰のポケットをシームレスポケットにしたミニマルなデザインが特徴的。シンプルさを追求した1着は素材の良さや丁寧なパターンを感じることができます。サラッとした肌触りの生地を使っており、裏地がないため着心地が軽くカーディガン感覚で着られます。カジュアルなシーンではもちろん、潔く白Tと合わせればオフィススタイルにも使える万能ジャケットです。


 「ビューティフルピープル(beautiful people)」からは、ブラックのテーラードジャケットをチョイス。クラシカルな雰囲気ですが、ゆとりのあるオーバサイズシルエット、袖口をロールアップすると見えるロゴなど、堅い印象を和らげてくれるディテールが散りばめられています。流行りのセカンドスキントップスを忍ばせて、首元や袖口からインナーを覗かせてこなれ感を出してみては。


 2020年にスタートした新進気鋭ブランド「イレニサ(IRENISA)」からは、アーミーグリーンのシングルジャケットをご紹介。ジャストなサイズ感ですが、身頃やアームに程よくゆとりを取り入れているので着脱がスムーズで動きやすいです。シンプルなデザインの中に高いパターン技術が盛り込まれており、同じサイズを185cmの男性が着ても155cmの女性が着ても綺麗に収まります。淡い色のバンドカラーシャツモックネックのトップスを合わせてコントラストを楽しむ着こなしがおすすめ。


 サイケデリックな柄が目を惹くガウンジャケットは「ミオズモ―キー(MIOSMOKEY)」から。フロントにあるストラップでウエスト絞ったり、ラフに着流したりとアレンジしやすいアイテムです。生地感は落ち感のある柔らかな風合いで、季節の変わり目に活躍すること間違いなし。キレイめブラウスと合わせて、ジャケットを主役にしたスタイリングはいかが?


 「ビューティフルピープル(beautiful people)」のデニムジャケットは、上下をひっくり返すとデザインが変わるユニークな2way仕様のアイテム。肩幅や身幅にゆとりのあるオーバーサイズで、バックのシンチバックで少し身幅の調整が効くのも嬉しいポイントです。この秋冬はワイドストレートのデニムを合わせたセットアップコーデに挑戦してみては?


 左腕のゼブラ柄が印象的なホワイトデニムのジャケットは「サンセ サンセ(SANSE SANSE)」から。ジャストサイズのフィット感で、ハイライズなパンツと合わせれば脚が長く見えてスタイルアップに繋がります。ルックと同様、ホワイトのフーディーと合わせたアーバンなスタイリングがおすすめ。遊び心で個性的なデニムジャケットを探している方に一押ししたいアイテムです。


 「ウジョー(UJOH)」のGジャン型ブルゾンは袖が取り外し可能となっているため、デニムベストも欲しいという欲張りな方に是非手に取って欲しい1着。袖のボタンは一部だけ開けて腕を出すスタイルなども可能です。前身頃にはスリットも入っているので、コントラストのあるホワイトのインナーと合わせて、デザイン性を活かした着こなしをしてみては?アレンジの仕方でガラッと表情の変わるユニークな1着です。


 上品さとエレガントさを感じるジャケットは「ポステレガント(POSTELEGANT)」から。一見デニムのように見えますが、実は和紙コットンを使っており、軽さや温かみを感じる秋口にぴったりな1着になっています。織り目とカラーリングに加えてピケのような起毛感のある独特な生地です。付属のベルトでウエストマークすることで、今年っぽい着こなしに。ルックのようにセットアップで履けるボトムスもあるので、是非チェックを。


 「ミオズモーキー(MIOSMOKEY)」の花柄のジップアップブルゾンは、シルエットを変えられる首元がデザインのアクセントに。身幅が大きめに作られており、ゆとりのあるサイズ感なので性別や体型を選びません。柔らかな素材感のため、インナーを差し込んでも着崩れしにくいのが嬉しいポイント。花柄に使われている色を拾って、イエローのシャツを合わせると洗練された印象になります。こちらもセットアップで着られる同柄のボトムスがあるので、気になる方は是非チェックを!


 シャツのようなライトな質感のブルゾンは「ウジョー(UJOH)」のもの。袖丈が長く、ドロップショルダーのためルーズな印象ながらも、メリハリを感じるショート丈が今っぽさを演出。大きな胸ポケットの存在感を強調させる比翼仕立ては、ブランドらしいこだわりを感じます。チェック柄に使用されているライトブルーと同じ色味のインナーを合わせると、一気にこなれ感が生まれます。



 エレガントで上質なカジュアルを提案する「アンスクリア(INSCRIRE)」からは、裾のフリンジが可愛らしいフラワー柄のパイルワークジャケットをご紹介。見た目よりライトな重量感で、重ね着の多くなってくる季節でもストレス無く着ることができます。この秋冬は、あえてボタンを閉じてシャツ感覚で着てみては?ブラックのハイネックニットボトムスを合わせて、シャツジャケットを主役にした着こなしがおすすめです。