秋冬こそ色を取り入れて、スタイリングの幅を広げてくれるカラーシャツ10選

 10月に突入し、シャツ1枚でも過ごしやすい気温になってきましたね。シャツは大半の人が持っているアイテムですが、いざクローゼットを開けてみると無難なカラーだったり、ベーシックなデザインのシャツが多くなってしまっているのでは?そこで今回は、暗い色でまとめがちな秋冬のスタイリングを華やかにしてくれるカラーシャツをご紹介。いつものスタイリングにマンネリを感じている方や、色物に抵抗のある人でもチャレンジしやすい逸品シャツをらピックアップしました。レッド、ブルー、イエローのカラー系統別でご紹介します。

■レッド系

 「イレニサ(IRENISA)」からは2022年秋冬シーズンのキーカラーでもある鮮やかな朱色のシャツをチョイス。クラッシックなデザインに左右非対称の2層構造の胸ポケットが良いアクセントになっています。生地は程よい光沢感としなやかなハリの良さが特徴。シワになりにくいのも嬉しいポイントですね。ブラックのパンツと合わせてシンプルにまとめたり、ルックのように深いグリーンのセットアップ(ジャケットパンツ)のインナーとして着ることで秋っぽいスタイリングに仕上がります。


 アンニュイな雰囲気が漂うスタンドカラーシャツは「チノ(CINOH)」から。ピンクベースのマルチカラーのストライプ柄は、優しげで落ち着きのある印象を与えてくれます。生地はとろみのあるレーヨンを使用しており、秋冬だけではなく春先にも使える優れもの。袖丈と着丈が長めでゆったりしているので、スラックスのような形が綺麗なシルエットのパンツを合わせるとバランスが取れておすすめです。


 鮮やかなカラーと他にはないフードデザインに魅了されるシャツは「オーバーコート(OVERCOAT)」のもの。吸湿・防臭効果があるウール素材を使用しており、さらっとしたしなやかな肌触りが特徴です。カーディガン感覚でボタン開けて抜け感たっぷりに着こなしたり、ジャケットやカーディガンからフードだけ出したりとアレンジのしやすさもポイント。ネイビーのジャケットを羽織れば、カラーアクセントが効いた秋っぽいコーディネートになります。


■ブルー系

 "Darlingとシェアするクローゼット"をコンセプトに、ユニセックスで使えるユニークなアイテムを提案する「ミオズモーキー(MIOSMOKEY)」からは、ライトブルーのオープンカラーシャツをピックアップ。とろみと光沢感のある生地は光の当たり方によって表情が変化します。一見野暮ったそうに見えるダボっとしたシルエットですが、着てみると落ち感のある綺麗なシルエットで洗練された印象に。襟元は深めに開いているのも特徴です。太めのホワイトデニムをロールアップして組み合わせてあげるとこなれたスタイリングになります。シャツ一枚で着たい方は広く開いた胸元にアクセントとしてネックレスを合わせても◎。


 「ポステレガント(POSTELEGANT)」のストライプシャツはどんなスタイリングにも合せやすいので持っておいて損は無し。カフスがついていない袖口や胸ポケットは、上品さの中にカジュアルさを生み出してくれます。オーバーサイズながらもストライプ柄の効果ですっきりとした印象に。シンプルな白Tワイドストレートシルエットのデニムパンツを合わせてシティボーイのようなスタイリングがいかが?


 「チノ(CINOH)」で定番人気のスタンドカラーブザムシャツは襟元のギボシ釦がポイント。チノらしい遊び心が詰まっており、エレガントさとカジュアルの要素を兼ね備えたバランスの良さを感じます。さらっとした着心地なので、カーディガンやニットのインナーとしても使いやすく、幅広いシーズンで活躍してくれます。自宅で洗濯できて、ほぼノーアイロンで着ることができるイージーケアっぷりも嬉しいポイント。写真のように1枚で着てもサマになりますし、あえて上からワークジャケットを羽織り、キレイめシャツをハズしアイテムとして使ってみるのも良し。


 クラシックなテーラーメイドのシャツに、スポーティーなフードをあしらったユニークなシャツは「オーバーコート」の新作。しなやかな肌触りと軽やかで清涼感ある生地は、汗蒸れしにくくニオイの発散もしやすい特性があります。ジャケットのインナーとして使えば、通常のコットン素材のフーディーを使ったコーデよりも上品でモードな印象に。目を惹く鮮やかなブルーは、スタイリングの主役になること間違いなし。


■イエロー系

 光沢感が美しいイエローのボウタイシャツは「ウジョー (UJOH)」から。アウターやジャケットの中からも目を惹く発色の良さで、顔色を明るく見せてくれます。取り外し可能のボウタイは、結び方次第で襟元と胸元の印象が変わるので、スタイリングのアクセントに。寒くなってきら、ニットやカーディガンの中から襟元だけ出してイエローを差し色にするも良し、ハイネックのインナーを忍ばせてシャツを主役にしたスタイリングにしても良しと、着こなしの幅が広がる1着です。


 「イレニサ」からはレモンイエローのバンドカラーシャツをご紹介。バンドカラーシャツは1番上のボタンを開けた時にボタンの重みで襟部分がよれて不格好に見えてしまいがちですが、こちらのシャツはボタン部分の生地を厚くする事でしっかりと支えられ、綺麗なシルエットで着られます。長すぎず短すぎない絶妙な丈感で、どんなアイテムとも相性バッチリ。写真のようにアウターライクなシャツをレイヤードする上級者コーデも参考にしてみては?比較的淡い色味なので、カラーアイテム初心者の方でも挑戦しやすい1着です。


 「オーバーコート(OVERCOAT)」といえばコートやジャケットにフォーカスされがちですが、鮮やかなカラーパレットで毎シーズン提案される定番のウールシャツは隠れた名品。滑らかな肌触りが病みつきになる着心地で、どの身長・体型の人が着ても綺麗に着ることができるパターンにブランドのこだわりを感じます。手洗いができて、シワになりにくく管理のしやすさも注目ポイント。比翼仕立てなのでシャツアウターとしてもインナーとしても使いやすい1枚です。「アンスクリア(INSCRIRE)」のブラックフレアデニムと合わせて、色気のあるラフなコーデはいかがでしょうか。