■about N.HOOLYWOOD 

 デザイナーの尾花大輔が2001年に設立。2002年春夏シーズンに初のコレクションを発表し、2011年春夏コレクション以降、コレクション発表の拠点をニューヨークに移す。ブランドコンセプトは何気ない日々の生活。世界各国を訪れ、旅の中で見てきた様々なことからインスパイアされている。メインラインのほか、「N.ハリウッド コンパイル」や「N.ハリウッド テストプロダクト エクスチェンジサービス」など計5ラインを展開しているが、N.ハリウッドは2021年春夏コレクションより休止状態となっている。

 ドレスラインのN.ハリウッドコンパイルは、「フォーマル、ドレスウェアの在り方をコンテンポラリーに編集する」がコンセプト。初のショー形式で発表した2020年秋冬コレクションでは、キングヌー(King Gnu)やミレニアムパレード(millennium parade)として活動する常田大希がショー音楽を担当した。


フォーマル・ドレスウェアを現代的に創作するN.ハリウッド コンパイル

  2004年にミスターハリウッドからデビューした「N.ハリウッド コンパイル(N.HOOLYWOOD COMPILE)」は、細かいディテール自体がアイテムの解説的特徴になるよう、様々な服の要素を編集し製作しているドレスライン。「フォーマル、ドレスウェアの在り方をコンテンポラリーに編集する」というコンセプトを基にテーマ性を持たず、服のディテールや素材、着心地を追求。カジュアルなものをドレスアップし、ドレスライクなものをカジュアルダウンするなど、幅広いスタイルで提案している。また、メインラインのタグはホワイトカラーだが、同ラインはブラックで統一しているのも特徴のひとつだ。


定番アイテムは3ピースのセットアップ


 N.ハリウッド コンパイルを代表するアイテムは、デビュー当初より継続的に展開している3ピースのセットアップ。他にはない特徴として、内側の構造を透けて見せるようにジャケットの裏地には生成りのオーガンジーを使用している。

リアルフェイクファブリックにフォーカスした、2022年秋冬コレクション

 「フォーマル、ドレスウエアの在り方をコンテンポラリーに編集する」というコンセプトを基に、テーマ性を持たせず服のディテールや素材、着心地を追求した創作を続けるN.ハリウッド コンパイル。カジュアルなものをドレスライクに仕上げたり、逆にフォーマルなものをカジュアルに落とし込むなど、シチュエーションを問わないボーダーレスなデザインを目指している。


 今季は、一見するとクラシックでトラディショナルなアイテムに見えるが、触ったり着用することで全く違う物だと知る事ができる”リアルフェイクファブリック”にフォーカスを当ててコレクションを製作したという。「メンズウエアにおいて王道ともいえるアイテムを抽象的に捉え、フォルムやデザインを再構築しました。ウェアラブルでありながらホームウェアの様にリラックスした新たなトラッドが実現しました」とデザイナーはコメントしている

デザイナーのお気に入りルックは、フェイクムートンを活かしたコーディネート

 全て同素材のフェイクムートンでのコーディネートをお気に入りルックとしてピックアップ。お揃いのバッグはリバーシブルに仕立ており、スタイリングの幅を広げてくれるアイテムだ。

お気に入りアイテムは、マウンテンハードウェアとのコラボで製作したモンキーフリースのセットアップ

 「今季は全てデイリーに着れるアイテムでどれも気に入ってます」とコメントしているが、強いて挙げるとすると、マウンテンハードウェアとのコラボレーションで製作したモンキーフリースのセットアップだという。ハイスペックなモンキーフリースのディテールを削ぎ落とし、リラックスしたフォルムに仕上げており、フェイクレザーとの組み合わせで都会的でエレガントに仕上がった。

デザイナー尾花のルーツは古着


 高校生の時から古着屋に通い詰め、当時からヴィンテージの造詣が深かったデザイナー尾花。ヴィンテージ好きが高じ、高校生にも関わらず雑誌「Boon」でオールドコンバースの解説を行ったこともある。高校卒業後はメンズファッション専門学校に入学するも3ヶ月で退学し、相模大野の「バケーション(VACATION)」、下北沢の「ヘイト&アシュベリー(HAIGHT&ASHUBERY)」、原宿の「ヴォイス(VOICE)」などの古着屋で勤務。ヴォイス在職時には19歳の若さで古着屋のバイヤーになるという夢を叶え、ヴィンテージバイヤーとして日米を行き来した。1995年には原宿の古着屋「ゴーゲッター(go-getter)」の立ち上げに携わった。その後は「ミスターハリウッド(MISTER HOLLYWOOD)」(現・直営店)をオープンし、リメイクした古着やオリジナルアイテムを販売。次第に尾花自身が好きなものをテーマにした服作りをするようになり、2001年にオリジナルブランドのN.ハリウッドが始動した。


 デビュー以降はシーズンごとにテーマを掲げたコレクションを展開。過去にあった事や古き良きものにフォーカスを当て、アメリカの文化や歴史を掘り下げたり、古着の要素を取り入れたコレクションを制作してきた。2014年以降はデザインプロセスを刷新。テーマに沿ったコンセプチュアルなコレクションから、機能的で心地よく付加価値が高いコレクションにシフトしている。


 ブランドのタグも古着に由来。現在のブランドタグは、尾花がアメリカのドネーションストアで見つけた、医療用の作業着に付いていたピスネームが着想源となっている。